ようこそ情報処理学会ヒューマンコンピュータインタラクション研究会へ

情報処理学会・ヒューマンコンピュータインタラクション研究会は,可視化,可聴化や可触化,仮想/拡張現実といったマルチメディア/マルチモーダル表現処理技法,入出力デバイスやウェアラブルコンピューティング,ユビキタスコンピューティングといった情報処理技術,それらを利用した情報や知識の探索/表出/創造/共有/共創/学習/理解の支援技法,ユーザビリティデザインやユニバーサルデザインといったデザイン手法,インタラクションデザインやエクスペリエンスデザインといったデザイン方法論とアプローチ,インタラクティブアートやオンラインコミュニティといった計算機技術により可能となる人間のアクティビティの実現/モデル化,などといった分野における諸課題に,計算機科学,ソフトウェア科学,情報科学,さらには認知科学,社会科学,文化人類学,教育学,組織論,経営学,メディア論,芸術といった人文科学の融合を通して,理論,モデル,技術,応用および評価手法といった側面から取り組む研究者,および実務者のためのコミュニティです.


年5回程度開催する研究発表会,毎夏に開催するヒューマンコンピュータインタラクションプロフェッショナル(HCIP)ワークショップ,および毎年初春に開催するインタラクションシンポジウム(グループウェアとネットワークサービス研究会,ユビキタスコンピューティングシステム研究会およびエンタティンメントコンピューティング研究会との共催),といったイベントや,研究発表会毎に発行する研究報告書,メーリングリストなどを介して,建設的な議論と情報交換の場を提供します.

メーリングリスト、研究会への登録をご希望の方は こちら へ...

2007年に,ヒューマンインタフェース研究会からヒューマンコンピュータインタラクション研究会に名称変更しました. 「インタフェースからインタラクションへ」(PDF)

2014年度開催の研究会に関して,情報処理学会 情報環境領域(IEプロジェクト)からの支援により託児サービスの無償提供を行っています.詳細は各回研究会の参加要項をご確認いただき,希望する場合には,各回研究会担当までお問い合わせください.

情報処理学会のプライバシーポリシーが改訂されました.https://www.ipsj.or.jp/privacypolicy.html

研究会・イベント

開催日 名称 場所 テーマ 状態
2019年12月10日(火) − 11日(水) 第185回研究会 淡路島 淡路夢舞台国際会議場 継続とインタラクション 企画中
2020年 1月15日(水) − 16日(木) 第186回研究会 石垣島 大濱信泉記念館 騙しとインタラクション プログラム準備中
2020年 3月 9日(月) − 11日(水) インタラクション2020 学術総合センター/一橋記念講堂 企画準備中
2020年 3月16日(月) − 17日(火) 第187回研究会 国士舘大学 世田谷キャンパス 企画準備中
開催済の研究会・イベント     研究会テーマリスト

2019年度学生奨励賞受賞者

2019年度に開催されたHCI研究会における,学生奨励賞の受賞者は以下の通りです.受賞された皆様,おめでとうございます.今後のますますのご活躍を祈念いたします.

第184回研究会

川上雄大(立命館大)
  「Face VAS:顔アイコンを用いた子どもへの感情調査手法」
中里健也(明治大)
  「metaBox: 使い方を定義可能なexUI設計のIoT Boxの試作」

第183回研究会

松田 あゆみ 君(立命館大学)
  「直線運動と回転運動が共存する場合のベクション効果に関する分析と考察(5) ~統合的なベクション強度についての拡張実験~」

HCI研究会貢献賞受賞者

HCI研究会貢献賞の受賞者は以下の通りです.受賞された皆様,おめでとうございます.今後もHCI研究会でご発表いただきますよう,お願いいたします.

古賀 宥摩 君(立命館大学)

1年間に以下の3件の発表があったことに対して:
HCI175:「直線運動と回転運動が共存する場合のベクション効果に関する分析と考察」
HCI176:「直線運動と回転運動が共存する場合のベクション効果に関する分析と考察 (2) ~直線と回転の運動方向についての拡張実験~」
HCI179:「直線運動と回転運動が共存する場合のベクション効果に関する分析と考察(3)~強度一定仮説と単純合算仮説の検証実験の結果~」

佐々木 美香子 君(明治大学)

1年間に以下の3件の発表があったことに対して:
HCI174:「フォントと手書きの融合文字に対する好感度調査」
HCI176:「手書きとフォントの融合による視認性向上と書き手の抵抗軽減に関する調査」
HCI178:「手書きとフォントの融合文字を用いたメッセージカード作成における利用分析」

高田 崚介 君(筑波大学)

1年間に以下の3件の発表があったことに対して:
HCI168:「キーボード上における2つのキーの連続押下を開始符号とする操作手法」
HCI169:「防水タッチパネル端末に内蔵された気圧センサを用いたタッチ圧力取得手法」
HCI171:「導電繊維編み込み手袋を用いた指の曲げ計測手法」

清 夏実 君(東京都市大学)

1年間に以下の3件の発表があったことに対して:
HCI165:「情況決定制御モデルの学習への応用」
HCI168:「Webブラウジングにおける文脈効果が記憶に与える影響」
HCI169:「TUIとGUIを使用した際の学習プロセスの違いの検証」

山中 祥太 君(明治大学)

1年間に以下の3件の発表があったことに対して:
HCI143:「発言履歴編集機能がチャットに及ぼす影響の考察」
HCI144:「重なりあったウィンドウ間を移動可能なマウスカーソル操作手法の提案」
HCI147:「コンテンツリストにおけるインタラクション手法の提案」

栗原 一貴 君(産業技術総合研究所)

1年間に以下の3件の発表があったことに対して:
HCI134:「ZUIを利用した多画面対応議論ソフトウェアBorderless Canvas」
HCI138:「ロングテール時代のための統計分析ツールtailstatの開発」
HCI138:「sPieMenu:敢えて隠すパイメニュー」