第 186回 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会

概要

■テーマ:    騙しとインタラクション
■開催期間:   2020年1月15日(水), 16日(木)
■開催場所:   大濱信泉記念館 ( https://ohamanobumoto.net )沖縄県石垣市登野城2-70
■発表申込締切: 2019年11月15日(金)23:59(JST)
■原稿締切:   2019年12月16日(月)23:59(JST)
■参加方法:   http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html をご覧ください

この冬の研究会も昨年に引き続き石垣島での開催となります.
そしてこの冬のテーマは,「騙しとインタラクション」です.

インタラクション技術は何らかの形で「脳を騙す仕掛け」が組み込まれているものが多く, 「騙し」と「インタラクション」は表裏一体の関係にあると言えます.また,振り込め詐偽や フィッシング犯罪など,現実に起こる「騙し」をいかに防ぐかという点の議論も盛んに行われています. 今回は,「技術の中の騙しのテクニック」,「騙されないための技術」など技術視点のテーマから, 「騙しとは何か」,「騙されやすい人というのは存在するのか」など哲学や人間心理視点のテーマまで, 参加される皆様と様々な視点から議論できる発表を広く募集いたします. また,HCIに関連する一般発表も広く募集いたします. 皆様からの積極的な申し込みを心よりお待ちしております.

<招待講演について>
現在調整中(時間知覚の研究者を招聘予定)

問い合わせメールアドレス: sighci186@sighci.jp


発表申込と論文投稿のご案内
■発表申込締切: 2019年11月15日(金)23:59(JST)
■原稿締切: 2019年12月16日(月)23:59(JST) ※厳守
■原稿ページ: PDF形式 8ページ以内
※原稿締切が厳格化されています.一切の遅延が許されませんのでご注意ください!
※多数の発表申込をいただいた場合,先着順での受け付けとさせていただき,上限を超えた場合には発表をお断りすることがございます.

Webフォーム経由での申し込みになります.
論文タイトル・概要・著者リストなどの情報を手元に用意した上で,
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/hci
からリンクをたどって,フォームに記入して申し込みをしてください. 原稿の送付も同じシステムで行います.
原稿フォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

★表彰に関するご案内★
HCI研究会では,学生奨励賞,研究会貢献賞という2つの賞を設けております(詳細はこちらをご確認ください).
申込フォームの【研究会への連絡事項】欄に,これらの賞へのエントリー等に関する質問(項目A~C)を記載しておりますので,回答をお願い致します.
------------------------------------------------------------
【研究会への連絡事項(不要な方を削除してください)】
 A. 発表者は学生(学生奨励賞対象者)ですか?:はい/いいえ
 B. 発表者は研究会貢献賞※に該当しますか:該当します/該当しません
  ※同一発表者による発表が1年間(年度をまたいでも良い)に3回以上
 C. HCI研究会MLへの新規登録:希望します/希望しません(登録済)
------------------------------------------------------------

HCI186担当
主査:木村朝子(立命館大)
幹事:小倉 加奈代(岩手県立大学)
担当運営委員:梶 克彦(愛知工業大学),益子 宗(楽天技術研究所),岩本 拓也(サイバーエージェント AI Lab),井原 雅行(NTT)