第 179回 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会

概要

■テーマ:    虚構とインタラクション
■開催期間:   2018年8月20日-21日
■開催場所:   京都 聖護院御殿荘
■発表申込期限: 2018/6/20(水) 23:59
 ※発表件数に余裕があるため、以下の期限まで発表申し込みを延長しました。なお、申し込み件数が一定件数に達した場合、期限前に申し込みを締め切ります。
        2018/7/04(水) 23:59
■原稿締切:   2018/7/25(水) 23:59
■宿泊申込締切: 2018/7/25(水) 23:59

問い合わせメールアドレス:sighci179 @マーク sighci.jp

2018年8月20日(月)、21日(火)に聖護院御殿荘にて、第179回ヒューマンコンピュータインタラクション研究会(HCI179)を開催いたします。
HCI179は毎年夏季恒例の泊まり込み形式での開催となります。昨年度、大変好評でした京都・聖護院御殿荘での開催です。
初日の夕食後にはHCIPとして若手メンバーによる特別企画を用意しております。

テーマは、「虚構とインタラクション」
インタラクション技術は、いかにして虚構をつくりだすことができるか、あるいは、虚構と現実が入り交じる世界において、インタラクション技術はどのような役割を果たすべきなのか、など様々な視点からこのテーマについて議論頂ければと思います。同時に、HCIに関連する一般発表も受け付けます。

皆様からの積極的なお申込みをお待ちしております。

■特別講演について
「虚構とインタラクション」のテーマに相応しいゲストの方に特別講演を頂く予定です。お楽しみに!

発表申込と論文投稿のご案内

■発表申込締切:2018/6/20(水) 23:59
■発表申込締切:2018/7/04(水) 23:59 (締め切りを延長しました)
■原稿締切:  2018/7/25(水) 23:59 ※厳守
■原稿ページ: PDF形式 8ページ以内
※原稿締切が厳格化されています。一切の遅延が許されませんのでご注意ください!

Webフォーム経由での申し込みになります。
以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください.
発表申し込み先: https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/hci
論文タイトル・概要・著者リストなどの情報を手元に用意した上で、
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/hci
からリンクをたどって、フォームに記入して申し込みをしてください.原稿の送付も同じシステムで行います.
原稿フォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください.
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

アンチハラスメントポリシー

HCI研究会では、分野の継続的な発展のためには、自由な思考と表現、そしてオープンな場における敬意のある科学的な議論が重要だと考えています。これらには、その価値と役割を理解・尊重し、多様な価値観を認め合うコミュニティと場が必要です。HCI研究会では、研究会に関わる全ての人々にハラスメントのない環境を提供するために努力します。
HCI研究会では、どのような形態であれ参加者へのハラスメント行為を容認しません。ハラスメントには、ストーカー行為、望まない写真撮影や録音・録画、不適切な接触、人種、性別、宗教、年齢、色、外見、国籍、祖先、障害、性同一性、性的嗜好に基づく嫌がらせ、およびそれらに関連した不快な言動が含まれます。このポリシーには挑戦的な科学的議論を妨げる目的はありません。むしろ、ハラスメント行為を防止することであらゆる参加者を歓迎し、オープンな場で科学的な議論を行うことを促進することを意図しています。
ハラスメント行為を経験した、あるいは、目撃した人はHCI研究会幹事に連絡してください(http://www.sighci.jp/users/committee)。ハラスメント行為が認められた場合は、その参加者に対して研究会が適切と考えるアクションを行います。

SIGHCI179担当
主査:木村朝子(立命館大)
幹事:松村耕平(立命館大)
担当運営委員:
井尻敬(芝浦工業大),棟方渚(京都産業大),山本豪志朗(京大医学部付属病院),松下光範(関西大),三澤加奈(電通),吉高淳夫(北陸先端科学技術大),生田泰章(北陸先端科学技術大),高田崚介(筑波大),宮藤詩緒(東京工業大)