第 175回 ヒューマンコンピュータインタラクション研究会

概要

■テーマ: 教えるインタラクション
■開催期間:  2017年11月01日(水)~02日(木)
■開催場所:  淡路夢舞台国際会議場
〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台1番地 研究会会場:3階 会議室301
http://www.yumebutai.org/access/access.html
■発表申込期限: 2017年09月10日(日)
■原稿締切:   2017年10月10日(火) 厳守

問い合わせメールアドレス:sighci175 @マーク sighci.jp

■概要
今回のテーマは「教えるインタラクション」です.
EducationとTechnologyの言葉を組み合わせたEdtechが2010年から注目され,市場規模を拡大しつつあります.
また,日本政府の「2020年までに1人1台タブレット」という方針から,教育現場でも様々な実験が実施されています.
一方で,深層学習に発展により,コンピュータがヒトの教師や職場の上司となる未来も遠くはないかもしれません.
コンピュータがヒトに知識や知恵を与えたり,指示したりする際には,どのようなインタラクションが最適なのでしょうか.
今回の研究会では,「教えるインタラクション」をテーマとし発表を募集します.
もちろん上記テーマ以外のHCIに関連する一般テーマの発表も歓迎します.

今回は,UBI研究会との共催開催です.
皆様からの積極的なお申込みをお待ちしております.


■招待講演:
調整中
発表申込と論文投稿のご案内

■発表申込締切:2017年09月10日(日)
■原稿締切:  2017年10月10日(火) ※厳守
■原稿ページ: PDF形式 8ページ以内
※原稿締切が厳格化されています。一切の遅延が許されませんのでご注意ください!

Webフォーム経由での申し込みになります。
以下URLの「発表申込」メニューからお申込ください。
発表申し込み先: https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/hci
論文タイトル・概要・著者リストなどの情報を手元に用意した上で、
https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/hci
からリンクをたどって、フォームに記入して申し込みをしてください。原稿の送付も同じシステムで行います。
原稿フォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください。
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

■託児サービス
託児サービス(無料)の提供が可能です.
研究発表会に参加される方で,託児サービスのご利用を希望される方は,10月1日(日)までに
【保護者(参加者)氏名,携帯電話番号,お子様の氏名と年齢】の情報を
sighci175[at]sighci.jpまでご連絡ください.
なお,ホテル内の託児サービスのため,受入可能人数に上限があります.上限を超えますと
ご利用できないことをあらかじめご了承ください.

SIGHCI175担当
主査:木村朝子(立命館大)
幹事:玉城絵美(早稲田大)
担当運営委員:
 寺田努  神戸大学
 西田健志 神戸大学
 村尾和哉 立命館大学